vassにストレッチ事案。自己流でなんとかします。

シューストレッチャーを広げる ケア用品
スポンサーリンク
今日のあるある


靴下増殖しがち

単価が単価だけにね。気を抜いたら靴下コーナーがパツンパツンになっております。靴を見に行って不発に終わり、不完全燃焼対策に買って帰る方も多いのではないでしょうか。個人的にはグレーの靴下が絶賛マイブームです。黒靴が多いので汎用性抜群と一方的に思っております。オススメです。異論は認めます。

どうも、ぴーまです。

スポンサーリンク

さて、タイトルの通りトラブルが発生しました。

本日の加害者はこちらです。

被害者は私の右足小趾球(小指の付け根)です。

左足に比べ右足の幅が広く、また付け根の骨が大きいため、毎回のようにネックになるのがこの部分。右足に合わせると左足が緩い、左足に合わせると右足が狭い。健康面は置いといて、タイトフィットを好む私としては、左足に合わせるケースが多く、タイトだけど痛みが全く無い靴もあれば、痛みを感じる靴もあり、本当に悩んでます。

こんなサービスあったらいいな

痛みが発生するメカニズムが解明できれば、靴選びの幅も広がると思うので、この部分にアプローチできるシューフィッターさんがいる店舗がもしあれば教えてほしいくらいです。イメージ的には、足の構造を理解している健康靴専門店のプロの方が、様々なブランドを取り扱う百貨店に常駐し、「既成靴の中」で、フィットしそうな靴を候補に挙げ、その中からチョイスする。そんなサービスがあったら、有料でも相談したいと思ってます。※あくまでも例えであって、百貨店の店員さんのフィッティングを否定しているわけではありません。

てことで、この痛みの対策を自力でやってみるべく、この加害者をシバキあげようと思います。

使うのはこちら。

数年前にセールになっており、いつか使うかもしれないと買っておりましたが、遂に使う日がやってきました。

基本的な使い方

難しいことはまったくありません。

・取っ手を回すと、グイグイ開いてきます。


・付属のダボを用意します。


・広げたいところにポチっと付けます。


・靴に突っ込み、取っ手をぐるぐる回し、広げます。ギュギュギュっとはち切れんばかりの音には屈せず、グイグイ回します。革の柔軟性を信じてください。もう無理ってところからのもうひと踏ん張りが大事です。筋トレと一緒です。


・完成です。

以上です。念のため、装着前に伸ばしたい場所の内側と外側にクリーム的なものを塗りました。私はコレを使いましたが、柔軟性を高める物でしたらなんでもいいと思います。

あとは、様子を見ながら1週間ほど放置です。伸びたー!って思っても、革って意外とすぐに戻るりますので、たまにはテンションをさらにかけるのもいいかもしれません。私は容赦なくグイグイやってます。

完成が楽しみです!!!

これでダメだったら、シューツリーを使ったストレッチもやりたいと思います。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

インスタやってます。フォローしてくれたら喜びます。

コメント