雨なんて怖くない!Trading Post撥水レザーのご紹介

撥水実験結果 TradingPost
スポンサーリンク
今日のあるある


ワックスのフタを開ける治具の強度がなさすぎる。

特にサフィールの黒缶。日に日に弱っていくのが手に取って分かります。レノマットもそうですが、中身は良質なんです。中身は。ミラーグロスみたいに捻って開けるタイプに改良されることを切に願っております。


なかなか梅雨が終わらず、好きな靴を履けずにもやもやしている皆様こんにちは。

どうも、ぴーまです。

今回はそんな嫌な季節にも、梅雨が明けてからのゲリラ豪雨の季節にもどんと来い、私が雨用としても重宝している靴を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

前置きとして、ぶっちゃけます。

正直、防水レザーと呼ばれる雨に強い革を使用した靴でなく、普通のカーフ革でも日頃の手入れをしっかりしとけば問題無いと思ってます。また、雨に濡れても、その後のケアさえしっかりすれば雨なんて全然怖くありません。むしろ良い水分補給です。言い過ぎましたごめんなさい。

でも、それを言ったら元も子もないので、ケアが面倒だから撥水レザーという科学の力に頼るわけです。私も化学の力を利用したいのでこの靴を購入したわけですので、ちゃんと紹介させていただきます。

雨用の靴と言えば

スコッチグレインのシャインオアレイン、パラブーツのシャンボート、チャーチのシャノンなどありますが、シャインオアレインは足に合わない、シャンボートはスーツにはどうなん?、シャノンはガラスレザーっぽい(てかガラスレザー?)って感じで、最終的にこの一足をチョイスしました。

Trading Post ユニオン・ウォータープルーフレザーの実力は!?

まずはこちらをご覧ください。

はい、バチバチです。日本の科学は世界一ィィィィィ!…。

ガラス加工のように表面を撥水する膜で覆うのではなく、鞣しの段階で撥水剤を添加させたトレーディングポストオリジナルの撥水レザーです。ちなみにこのレザーは、生産元のユニオンロイヤルとトレーディングポストの共同開発から開発され「ユニオン・ウォータープルーフレザー」と呼ばれております。また、表面加工されていない為、普通にクリームが浸透し、ワックスを使用した鏡面仕上げができるのも特徴です。

ガラス加工との比較

この、「普通にクリームが入り、鏡面仕上げもできること」って靴磨きが好きな方にとって、とても重要なんです。

ガラス加工の靴は正直メンテナンスし甲斐がほとんど無いんです。ホコリ落として、汚れが目立ったら固く絞った布でシュシュっと拭いて終わり、みたいな。それはそれで便利でラクで、気兼ねなく使用できるので実用性に関しては長けてはいるんですけど、それ以外に個人的に残念なポイントがあるんですよね。

例えば、シワ。 あくまでも主観なのですが、あのパキっと割れたようなシワがどうも苦手というか復活させる気が起きない(復活される方法を知らないだけかもしれません)というか、靴を大事にしようって気持ちさえもポキっと折ってしまう気がします。

あと、踵の内側やつま先に出来やすい擦れキズ。表面が加工されているが故にその加工が擦れて削り取られた場合、独特の擦れキズができるんです。普通のクリームはおろか、巷で購入できる「ガラスレザーにも浸透するクリーム」など使っても、どうしても違和感が残ってしまう。普通の革に比べ、良い風合いでキズが馴染まないのも好きになれないポイントの一つです…。

あくまでも個人的な意見

ガラス加工を全否定するわけではないですが、靴磨きをやってみたい!って少しでも思う方は、ガラス加工は避けた方が将来的に幸せになれると思います。実際に私は、靴磨きが好きになってそれまで保有していたガラス加工の靴は全て手放し、手元には一足もありません。

持っているモデルの紹介

①T601 Black

永遠の定番、内羽根ストレートチップ(黒色)でございます。説明不要です。何足あっても困らないマルチな子です。

②T602 Dark Brown

こちらも何足あっても困らない、内羽根ストレートチップのクォーターブローグタイプです。ダークブラウンといっても、落ち着いた茶色で非常に使い勝手がよいです。また、ムラ染めっぽい感じがなんともいえない雰囲気を醸し出しております。雨の日の茶靴ってシミになりやすいし、なかなか率先して選ばないと思いますけど、撥水パワーのおかげで怖いものなしです。

圧倒的ラスト“S61”

凄いのは撥水レザーだけじゃないんです。トレーディングポスト銀座店の店舗スタッフ様の話によると、銀座のサラリーマンを意識して木型を作りましたとのこと。なぜ銀座???って正直思いましたが、履いてみてビックリ。

所謂 “つま先から甲部の中心線”と“踵から甲部の中心線”を分ける足なり設計となっており、小指部のスペースを確保している為当たりも少なく、また、絞り込まれた踏まず部と甲で固定するような、まるでオールデンのモディファイドラストのような感覚に近いのです。 それに加え、ヒールカップはただ小さいだけでなく包み込まれるような丸みがあり踵の抜けも感じません。

一の甲が若干抑えられたシェットランドフォックスのケンジントン2っぽいかもしれません。(あくまでも個人的感想ですのであしからず。)

ソールはもちろん…

泣く子も黙るダイナイトソール。賛否両論あるかと思いますが、最初からラバーで製作されている靴の場合、私はダイナイトソール一択です。そもそもそれなりの価格帯からはラバーソール=ダイナイトソールだとは思いますが…。

時が経っても水弾くの?

結構気になるところだと思いますので、購入から2年ほど使用したマイシューズで、あのプロモーション動画みたいにバキバキに弾くのか気になって、やってみました。

実験します…。

その結果…。

はい!バチバチです!

つま先に関してはワックスを付けているのでもちろん弾きますが、バンプ部など、ワックスの無いアッパー部分もバチバチです!

2年間酷使してもこの撥水力!鞣しの段階で撥水材を混ぜているからこそこの持続力!あっぱれです!日本の科学は世界一ィィィィィ!…。

あ、もちろん撥水スプレーは使ってませんよ。そもそも持ってませんし。

ただ、日常のシューケアにクレムを使用しているからってのも多少あるかもしれません。

あ、もちろんですが、この水を放置すると多少は染み込みますので、完全撥水ではないってことはご了承ください。

総評

染み込みもさせたくない!って人は撥水スプレーが必要だと思いますが、撥水スプレー無しでもこの撥水力。ただそれより、アッパーの素材の質を抜きにしても、有り余る木型の完成度。履き心地がよいので、私はそこの方が実は気に入って今でも愛用しております。何より、黒ストチを購入後、あまりのフィッティングの良さに、追加でダークブラウンを購入したのがそれを表しているのではないのでしょうか。

履き心地がよくて、実用性のある撥水性。雨の日はもちろん、からっ晴れの日でも楽しめる優秀な一足です。オススメです!

とある日の着画。フォローしてくれたらよろこびます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました